素敵な婚約指輪を選んで幸せを紡ぐ~ハッピーリングフォーエバー~

リング

定番のデザインをチェック

男女

婚約指輪に欠かすことができないのが、ダイヤです。婚約指輪には、ダイヤ以外の石を使うこともできますが、90パーセント以上の人がダイヤを選んでいます。婚約指輪にダイヤを選ぶことを決めている人は、ダイヤの4Cについて知っておいた方が良いです。4Cとは、カラット、カラー、クラリティ、カットのことです。頭文字にCがつくため、4Cと呼ばれています。この4Cはダイヤの質を評価する時の重要なポイントになります。カラットとは、石の重さのことで、カラットが重くなれば価格も高くなります。カラーとは、色味のことです。無色に近づくほど価値は高くなります。クラリティは透明度のことです。婚約指輪に向いているのは、VSランク以上のクラリティです。カットとは研磨状態のことです。婚約指輪として使われることが多いのは、最高クラスのExcellentです。

婚約指輪を選ぶなら、ソリティア、メレ、パヴェの3つの定番デザインに知っておいた方が良いです。ソリティは、最も定番で人気のデザインです。一粒のダイヤを爪でタイプです。石を強調させることができます。メレは、メインの石の隣にメレダイヤを添えた華やかなデザインです。メレダイヤがあることで、メインの石がより際立ちます。パヴェとは、アームにダイヤを敷き詰めたタイプです。アーム部分にメレダイヤが敷き詰められているので、豪華な印象があります。婚約指輪のデザインは様々ありますが、この3つが定番のデザインとなっています。